吉本家

吉本家は、浜比嘉(はまひが)島にある、有形文化財に指定されている家です。吉本家を探すのに迷ってしまい、島の道を歩いていた子どもたちに聞いて やっとたどりつくことができました。 細い道の少し奥、ハル商店の向かいにありました。

吉本家説明

・説明板の文章を引用

吉本家の主屋は、明治末頃、チャーギ(イヌマキ)を使用して 建てられた、貫木屋形式の本瓦葺き平屋です。 屋敷構えは、琉球石灰岩を用いたあいかた積みの石垣で囲い、 門を入ると正面に石造りのヒンプンが築かれています。 主屋は敷地のほぼ中央に配し、北西側には、フール(豚小屋を兼ねた便所)、 南側には自然の岩を利用した石庭があります。 主屋の裏側には、アタイ(屋敷内にある野菜畑)があり、台所や裏座を 増築していますが、全体的によく保存され、沖縄の地方に残る、 伝統的な建築様式を色濃く残してます。

これが、吉本家です。無断で入っていいんだろうかって感じで、おそるおそる入りました。 人が住んでいるみたいです。ぞうりが何足か石段の上に置かれていましたが、 住んでいる人は奥にいるみたいでした。 1枚だけ写真を撮りました。

吉本家

あとからネットで調べましたが、やはり人が住んでいました。 訪問するときにはマナーを守りましょう。

場所うるま市勝連比嘉

アマミチューの墓のページへ

うるま市のお得情報

うるま市特産品認定!!『奨励賞受賞』地域の特産原料『グァバ葉』など6種類の琉球薬草をブレン...
免責事項
「沖縄県うるま市って、どんなとこ?」は、個人で運営しているサイトです。 当サイトの情報をご利用された際に生じた、いかなる損害・トラブルに関して、 管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 沖縄県うるま市観光・生活ガイド. All Rights Reserved.