アマミチューの墓

吉本家から少し離れたところに、道路をはさんで東方海岸に「アマンジ」という島があります。 この島には、うるま市の指定文化財のひとつ「アマミチューの墓」があります。アマミチューとは、琉球開びゃく伝説で有名な女性の神様です。 琉球人の先祖と言われています。島の周りをちょっと歩いてみました。

アマンジ

島の右がわのほう。

アマンジ島の右側

左側にまわると、アマミチューの墓にたどりつきました。

アマミチュー説明板

・説明板の文章を引用

宇比嘉の東方海岸にアマンジと呼ばれる岩屋の小島があり、 そこに洞穴を囲い込んだ墓がある。 地元では琉球開びゃく伝説で有名なアマミチュー、シルミチューの 男女二神および他の神が祀られていると伝えられている。 毎年、年頭拝みには宇比嘉のノロ(祝女)が中心となって島の人々 多数が参加して、豊穣・無病息災・子孫繁昌を祈願している。 また、古くから各地からの参拝者が絶えない、 信仰圏の広い貴重な霊場である。

アマミチューの墓

お墓・・・ということで、デジカメで撮影して大丈夫かなぁと ちょっと恐かったのですが、ガイドブックにも掲載されているので 撮らせていただきますっ!という感じで撮影しました。

場所うるま市勝連比嘉

シルミチューのページへ

うるま市のお得情報

うるま市特産品認定!!『奨励賞受賞』地域の特産原料『グァバ葉』など6種類の琉球薬草をブレン...
免責事項
「沖縄県うるま市って、どんなとこ?」は、個人で運営しているサイトです。 当サイトの情報をご利用された際に生じた、いかなる損害・トラブルに関して、 管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 沖縄県うるま市観光・生活ガイド. All Rights Reserved.