シルミチュー

シルミチューという場所にも行く事になりました。シルミチューは、アマミチューと同じく琉球開びゃく伝説での男の神様となっています。 シルミチューまでは、道路の折曲がり地点ごとに看板があったので、とくに迷わず行くことができました。島のはじっこの海のほうまで行きました。

道路が途中でへこんでおり、父の車では行けそうになかったので、 車を海岸近くの駐車場にとめて歩いていくことにしました。

シルミチューへの道

歩いている途中、振り返ってみたら、こんな感じです。

シルミチューへの道

駐車場となりにある海。

駐車場となりにある海

ここがシルミチューへの入り口です。

シルミチューへの入り口

・説明板の文章を引用

宇比嘉の南南東端の森の中に大きな洞穴がある。地元では 琉球開びゃく祖神、アマミチュー、シルミチューの居住したところと 伝えれれている。
毎年、年頭拝みには比嘉のノロ(祝女)が中心となって、海浜から 小石1個を拾って来て、洞穴内に安置された壺に入れて拝んでいる。 また洞穴内には鍾乳石の隕石があり、子宝の授かる霊石として崇拝され、 信仰圏の広い貴重な霊場である。

文化財保護条例により、勝連町文化財に指定します。
平成7年2月20日 勝連町教育委員会

階段をのぼって上に行ってみたら、洞穴は 閉鎖されていました。 子宝の授かる霊石、見てみたかったです。

シルミチューの洞穴

写真は撮り忘れてしまいましたが、洞穴の前や 階段入り口に、「観光客の皆さん、ここにゴミを捨てないでください! シルミチューの神様が怒っています!」 というような立て札が合計2つありました。

どんな場所でもそうなのですが、マナーを守ることが大切ですね。

場所うるま市勝連比嘉

宮城島〜伊計島のページへ

うるま市のお得情報

うるま市特産品認定!!『奨励賞受賞』地域の特産原料『グァバ葉』など6種類の琉球薬草をブレン...
免責事項
「沖縄県うるま市って、どんなとこ?」は、個人で運営しているサイトです。 当サイトの情報をご利用された際に生じた、いかなる損害・トラブルに関して、 管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 沖縄県うるま市観光・生活ガイド. All Rights Reserved.