うるま市民芸術劇場

うるま市民芸術劇場は、響(ひびき)ホールと燈(あかし)ホールの、2つのホールからなる劇場です。

うるま市民芸術劇場
うるま市民芸術劇場

響ホールは音楽主体の専門ホールで、演奏会などに適しています。

響ホール

燈ホールは、観客と舞台が一体化する演劇主体の専門ホールであり、演劇の見やすさや演じやすさを重点的に置いています。

燈ホール

2000年7月23日には、ロシアの大統領も訪れたそうです。

ロシア大統領来市記念

うるま市民芸術劇場

駐車場はかなり広いです。演劇鑑賞など催しものがあるときに、前の駐車場に停めたい場合は、早めに来たほうがいいでしょう。

駐車場

私が学生のころには、学校の行事などで演奏会や演劇を観賞しに時々ここに来ました。

また、フルートを習っていたころに定期演奏会があり、響ホールで演奏したりもしました。舞台から見た客席は、けっこう広くて 何度出ても、演奏会というのは緊張するものでした(^^;

うるま市民芸術劇場では、沖縄の芝居などもよくするので、沖縄芝居が好きな方や興味がある方にもおススメです。 ホームページでは、過去の催し物のチラシの写真も見ることが出来て、楽しめます。

・うるま市民芸術劇場(うるま市芸術振興課)

住所〒904−2226 沖縄県うるま市字仲嶺175番地
電話098-973-4400
FAX098-973-4444
ホームページhttp://www.uruma-theater.jp/

うるま市のお得情報

うるま市特産品認定!!『奨励賞受賞』地域の特産原料『グァバ葉』など6種類の琉球薬草をブレン...
免責事項
「沖縄県うるま市って、どんなとこ?」は、個人で運営しているサイトです。 当サイトの情報をご利用された際に生じた、いかなる損害・トラブルに関して、 管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 沖縄県うるま市観光・生活ガイド. All Rights Reserved.